個人情報保護方針(個人情報の保護に関する宣言)

日本パーソナルシステム株式会社は、個人情報の保護及び適切な取扱いが、社会的責務であると考えております。個人情報保護方針を定め、全従業者が遵守することにより、個人情報保護に努めます。


1.法令、規範の遵守
個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。

2. 個人情報の取扱い
業務遂行のために利用目的を明確に定め、適切に個人情報を取得、利用及び提供を行います。利用目的の範囲内でのみ利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。

3. 個人情報の安全対策
個人情報への不正アクセス防止等の対策を施し、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の予防並び是正に関する適切な措置を講じます。

4. 個人情報の第三者提供
法令で定める場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者へ提供することはいたしません。

5. 機微(センシティブ)情報の取扱い
要配慮個人情報ならびに労働組合への加盟、門地および本籍地、保健医療および性生活に関する情報(機微(センシティブ)情報)を、個人情報に関する法令、ガイドラインに規定する場合を除くほか、取得、利用または第三者提供を行いません。

6. 個人情報に関する苦情及び相談
個人情報の取扱いに関する苦情、相談に対し、法令の定めに基づき、適切に対応いたします。

7. 個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
個人情報保護に関する規程や行動規範を定め、個人情報保護に取り組みを着実に実施するとともに、これを維持し継続的に改善します。


2005年 3月10日  制定
2018年 4月 1日  改訂


日本パーソナルシステム株式会社
代表取締役 河内 章浩


日本パーソナルシステム株式会社
個人情報に関するお問合せ・苦情・相談の窓口
管理部 03-5244-9936


情報セキュリティ基本方針


当社は、経営理念の実現に向け、お客さまのニーズにあった製品・サービスを安全に提供し、お客さまとの高い信頼関係を確立することに努めている。

当社が製品・サービスを提供するうえで必要な情報資産や、お客さまからお預かりする情報資産を、情報セキュリティ上の様々な脅威から保護することが重要である。

そこで当社は、「重要な情報資産の機密性、完全性、可用性を維持し、お客様に安心感を与える」ことをセキュリティ目的とし、その実現に向け、適切な情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立し、これを推進する。

  1. 当社は、情報セキュリティに関するお客様との契約、及び法的または規制要求事項を尊重し遵守する。
  2. 当社は、ISMSの運営のために情報セキュリティ管理者と情報セキュリティ委員会を設置し、必要な組織体制を整備する。
  3. 当社は、取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じる。
  4. 当社は、ISMSの維持向上のため全社員に対して定期的に教育を実施する。
  5. 当社は、情報セキュリティ上の事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、是正措置を速やかに講じる。
  6. 当社は、ISMSの継続的な改善に努め、情報セキュリティレベルの向上を図る。

2007年 1月22日  制定
2016年 9月15日  改訂


日本パーソナルシステム株式会社
代表取締役 河内 章浩



勧誘方針

「金融商品の販売等に関する法律」に基づき、当社の勧誘方針を次のように定め、適正な保険商品の販売活動に努めてまいります。
  1. 保険商品等の販売に際しましては、保険業法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法および、その他各種法令等を遵守し、適正な販売を心がけます。
  2. お客様の保険商品に関する知識、加入目的、財産状況等を総合的に勘案し、お客様の意向と実情に沿った適切な保険商品等のご案内に努めてまいります。
  3. 説明に際しては、「重要事項説明書」等により、内容を正しくご理解いただけるよう分かりやすい説明を心がけます。
  4. お客様のご契約にかかわる情報につきましては、個人情報保護の観点から、慎重な管理を行います。
  5. お客様からの照会等につきましては、親切・丁寧に対応いたします。また、ご意見等につきましては、今後の販売方法等の改善に活かしてまいります。




行動基準

この行動基準は、日本パーソナルシステム株式会社(以下、当社)従業員ひとりひとりが日常活動において実践すべき原則・基準を具体的に定めたものです。当社は顧客等の関係者から厚く信頼される組織を目指し、日常業務の遂行にあたっては、法令やルールを守る高い倫理観と厳しい自己規律のもと、以下の業務行動を徹底致します。


1.法令、社会規範の遵守
  1. 法令やルールの遵守
    国内外の法令、社内規則を順守するとともに、企業人、社会人として責任ある行動をとる。また、地域の文化および慣習を尊重し、良識ある事業活動を心がける。
  2. 反社会的勢力との関係断絶
    市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力や団体に対し、毅然とした態度で対応し、一切の関係を持たない。
  3. 不正コピーの禁止
    会社で使用するソフトウェア等について、許可なくコピーを行わない。
  4. 接待・贈答の規制
    社会通念の範囲を超えた接待・贈答は行わない、受け付けない。また、公務員またはこれに準ずる者に対する接待・贈答は行わない。
2.顧客・取引先・競争会社
  1. お客様の尊重
    お客様の意見や要望に謙虚に耳を傾け、サービスの向上に努める。
  2. 公正かつ自由な競争の維持・促進
    お客様に提供する商品・サービス内容などに関し、競争相手との談合、取決めその他不公正な競争行為を行わない。
  3. 個人情報の取扱い
    個人情報を当社の規定に従い適正に取得するとともに、お客様から予め了承を得ている範囲で適正に利用する。また、適切に管理を行い、情報漏洩の防止に努めるとともに正当な理由なく外部に開示を行わない。
  4. 会社情報の取扱い
    世間一般に公表されていない会社情報については適切に管理し、正当な業務活動以外の理由で社外に持ち出さない。
3.職場環境
  1. 人権尊重・差別禁止
    いかなる理由をもってしても差別やセクシュアルハラスメント、パワーハラスメント等を行わず、人権に十分配慮した行動を心がけるとともに、お互いの人格、個性を尊重する。
  2. 職場環境の充実
    労働関係法令の遵守および社員等の健康維持に配慮し、働きやすい健全な職場環境の整備に努める。
  3. 職場の安全衛生
    安全、衛生、防災に係る法令を遵守し、誰もが安心して働くことが出来る職場環境の整備と事故の防止に努める。
4.会社・会社財産
  1. 利益相反行為の禁止
    誠実に業務を遂行し、当社の利益に反する行為は行わない。
  2. 公私のけじめ
    業務遂行にあたって、常に公私の別を考えて行動し、当社の資産(経費、物品、知識等)を個人的な目的のために使用しない。
5.環境への取組み
  1. 地球環境保護
    業務遂行にあたっては、地球環境に配慮し、節電、再生紙利用、リサイクルに積極的に取り組む。


個人情報保護方針
情報セキュリティ基本方針
勧誘方針
行動基準